氷炭の特徴

氷炭

lv

氷炭の特徴

氷炭の特徴とは?

16時からOPEN

店内カウンター席

氷炭では、他ではちょっと味わえない飲み方ができるのが魅力。
なんと毎日、夕方の4時からオープンしている、“昼飲み”“一人酒”を推奨する飲み屋です。
仕事が早く終わった日や、お休みの日には、まだ明るいうちからフラッと立ち寄って、グイッと飲んで帰る……そんなちょっとした贅沢を心ゆくまで味わい尽くせる、大人のための居酒屋です。

メニューが豊富

氷炭はメニューの豊富さに自信があります。
壁一面にメニューを貼ってありますので、きっとあなたの好物も見つかるはずですし、まだ食べたことのないものを見つけたら挑戦してみるのも楽しいのではないでしょうか。
季節ごとの仕入れによって、さまざまな食材をお召し上がりいただけます。
旬のメニューは日替わりでご提供しておりますので、ご来店されてからのお楽しみになります。

店内に吊るされた干物

リーズナブルなお値段設定

鱧の骨切り

パッと見ではおしゃれな外観なので敷居が高そうに感じてしまうかもしれませんが、氷炭のメニューはお財布にやさしいリーズナブルな価格設定となっております。
炉端ではリーズナブルなメニューを囲んでみんなでワイワイ。
酒場ではリーズナブルに加えてもう少しおいしさプラスしたメニューも。
いろいろ選びながら楽しんでいただける居酒屋です。
なお、夕方4時から6時30分までは生ビール(中)をなんと280円でご提供します。

こだわりの有機野菜

氷炭ではこだわりの有機野菜を使用しております。
丁寧に野菜を作っていらっしゃる農家の方と契約させていただき、そこからの仕入れとなっておりますので、安心して美味しくお召し上がりいただけます。
サラダで新鮮なシャキシャキとした歯触りを楽しんでいただくのもいいですし、炉端で火にあぶって香ばしくさせてからいただくのもオツなものです。

こだわり有機野菜と海鮮

お酒も数十種類常備

お酒によく合うおでん

お酒のラインナップの充実ぶりも、居酒屋の氷炭ならでは。
基本的なビールはもちろん、日本酒から洋酒、ウィスキー、ワイン、シャンパンまで、あらゆるお酒を多数取り揃えております。
炉端、酒場のワイワイ楽しい雰囲気の中で、美味しいお料理をお召しあがるときのお供として、ぜひお料理に合う美味しいお酒を存分にお楽しみください。

「氷炭」の由来

升酒

「氷炭」という店の名前は、中国の熟語「氷炭相愛」からとりました。
その意味は、“氷と炭は、性質をまったく異にしているものだが、その両者が互いに作用し合えば、それぞれが己の本来の姿に立ち戻れるものである”ということです。
通常は「性質の違うものは足を引っ張り合ってうまくいかない」「互いに反目しあう」といわれるのが常ではありますが、性質の違うものが相互に作用しあって、それが互いの本性を取り戻させる現象を引き起こすという考え方がおもしろいと思い、店の名前に使いました。

ご予約・お問い合わせはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

16:00~24:00(OS 23:00) 定休日 /第三日曜・第三月曜(連休)

酒場 氷炭 警固店

福岡県福岡市中央区薬院2-13-20-1F

炉端 氷炭 薬院本店

福岡県福岡市中央区薬院1-4-21

TOP